エムズコレクション:紙と木で創る懐かしい鉄道情景の世界です

FrontPage

ようこそおいでくださいました。

紙と木で創る懐かしい鉄道情景の世界です。


新シリーズ展開「小さな鉄道讃歌」

小さなレイアウトをつくろう!


「小型転車台」新発売です。→詳細はこちら
チラシダウンロードできます。→チラシはこちら

小さな鉄道の小さな機関区を作りました
最小スペースで小さな機関区を作ってみました。
小型機関庫と小型転車台
「小型機関庫」新発売です。

新たな駅物語が始まります。
標準型木造駅舎「駅本屋1号」使用ジオラマ
本格的木造上家の登場です。
「ホーム上家」使用ジオラマ

 それぞれの心象風景を再現してください。

クーラーもカラーテレビもなかったあの頃。
ひぐらしの鳴き声につつまれて
窓を通り抜けてゆく風が妙に心地よかった。
井戸に吊したスイカに包丁を入れるのが待ち遠しい夏の夕暮れ。
出来ることならもう一度あの頃を覗いてみたい。
単なる懐古趣味でない、豊かなイメージの世界です。


供の頃おねだりしてやっと買ってもらったエンドレスの線路が一組だけの機関車と貨車のセット。積木を置いただけのホームやブロックで組み立てた小屋を配置すれば自分だけの立派なレイアウトの準備が出来ました。あとは駅長から運転手、乗客まで自分一人で何役も兼務すればいよいよ舞台の幕が上がります。うれしくて頬に畳の痕をつけながら一日中飽きもせずぐるぐる走らせていました。

あ、あなたの車両達にも素敵な脚本と舞台を与えてあげましょう。
もちろんイメージなので自分の好きなもの何でもありです。難しいことはありません。
手っ取り早く

  • 学生のときによく乗った電車
  • 子供の頃の郷里の風景
  • 授業中に考えた架空の鉄道会社
  • 理想の鉄道風景

なんでも構いません。
ご自分の原体験がそこに生きてきます。
たった一本の線路とストラクチャー1個から始められます。
ぜひおいで下さい。

「車両の模型」から「鉄道のある風景」へ


ストラクチャーキットとは

鉄道情景の再現に欠かせないのがストラクチャー(建築模型)です。駅舎やホームなどの鉄道施設をはじめ、商店などの建物も豊富にそろっています。旧街道筋の街並みや「あのころ」の商店街の再現も最近の静かなブームです。

photo by M.Ohtani
こちらはすべてペーパーと木材を主体にしたキットです。
特殊紙使用によりめんどうな塗装は基本的に不要になりました。
ウエザリングによってさらにリアル感アップできます。
詳細で親切なな組立説明書つきで基本的な工作の知識があれば
どなたにも簡単に組立てられます。

photo by M.Ohtani

製品はケガキ線が印刷された方紙(かたがみ)をお客様自身が切抜いて組み立てていただく「ベーシックタイプ」と、レーザーカットによりすぐに組立工程にかかれる「ハイグレードタイプ」、さらに木材を高度にレーザー加工したパーツを加えた「Ms+シリーズ」があります。

  • ベーシックタイプ (No.1001~No.1017)
    まさに「設計をお買い求めいただく」というコンセプトの元でケガキ線が印刷された特殊紙とヒノキ角材、窓枠が印刷された塩ビ板、その他部品で構成されています。一部レーザーカットによる窓枠のものもあります。素材としてのキット構成ですので組立に多少手間が要りますが、工作そのものを楽しみたい、安価に棟数を揃えたい、オリジナル改造ベースにしたい、という方におすすめです。
    No.1014納屋2キット内容
  • ハイグレードタイプ (No.1018~1019, No.2001~2009, No.3001~)
    ほとんどの抜き工程をレーザーカットにより済ませてありますのでお客様はすぐに接着工程にとりかかれます。手作業では絶対不可能な装飾や紙とは思えない細いライン等、レーザーカットの特色を生かしたアイテムをお届けします。
    No.1019横丁稲荷キット内容

  • Ms+(エムズプラス)ブランド (No.501~, No.601~)
    レーザーカット技術をさらに駆使した新しいシリーズです。
    建物の構造材にレーザー彫刻&切断された木材を用いて、今まで不可能だったリアルさと組み立てやすさの両立を実現させました。
    片側ホーム上家キット見本


今度は型紙!

ロコモデル伝説続編出来ました。今回は非公開型紙集です。必見!


消費税改定につきまして
このサイトの表示価格は全て税別価格で表示してありますが、製品パッケージには消費税5%込価格のものも混在しております。
お客様にはご迷惑をおかけしますがご了承いただけますようお願いいたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional